【米国ETF】円建て・ドル建てどっち?メリット・デメリット徹底解説

米国ETFを買い付けるとき、まず最初に悩むのが

円建てとドル建てどっちにするか

ですよね。

私自身、本を読んだり、金融系YouTubeの動画を見たりして、どちらがいいのか調べていましたが、円建て・ドル建てどっちにするかは人それぞれでした…

とりさん

円建て・ドル建てのメリット・デメリットを認識して、自分に合った方を選ぶしかないなと思いました。

今回の記事では、そんな答えがない円建て・ドル建てどっちにするか問題の参考になるような、

米国ETFを買い付けるときの円建て・ドル建てのメリット・デメリット

について、SBI証券の取引に沿って紹介していきます。

どんな人に円建て・ドル建てがおすすめなのかについても解説していきますので、是非チェックしてみてください~

目次

そもそも円建て・ドル建てはそれぞれどういう意味?

外国の商品や株・ETFなど外国の通貨で取引されているものを、日本円で決済する場合は「円建て」、ドルで決済する場合を「ドル建て」と言います。

例えば1ドル=100円としたとき、1口100ドルの米国ETFを、日本円で1万円で購入する場合が円建て、ドルで100ドルで購入する場合がドル建てとなります。

とりさん

このようにドル建てで米国ETFを購入するには、ドルを用意する必要があります。

米国ETF:円建てのメリット・デメリット

ここからは米国ETFの買い付けを円建てにするメリット・デメリットを紹介していきます。

円建てのメリット

米国ETFを購入する際に円建てにするメリット

  1. 円で米国ETFを買い付けできるため為替取引の手間が省ける

です。

円建ての場合、証券会社が両替して米国ETFを買い付けしてくれるので、購入者側は円で米国ETFを購入できます。

とりさん

「円は用意したからあとはドルで米国ETF買っておいて!」といった為替取引を証券会社にお願いするイメージです。

円建てのデメリット

米国ETFを購入する際に円建てにするデメリット

  1. 為替取引手数料がドル建ての6倍(SBI証券の場合)
  2. 為替取引のタイミングが選べない

という点です。

為替取引手数料がドル建ての6倍(SBI証券の場合)

例えば、SBI証券で下記のように円建て・ドル建てで米国ETFを購入したとします。

円建ての取引の流れ

  1. SBI証券口座に日本円を入れる
  2. SBI証券で米国株ETFを買い付ける★為替取引手数料が発生

ドル建ての取引の流れ

  1. 住信SBIネット銀行に日本円を入れる
  2. 住信SBIネット銀行で円からドルに換える★為替取引手数料が発生
  3. 住信SBIネット銀行からSBI証券にドルを送金する
  4. SBI証券で米国ETFを買い付ける

このような場合、 為替取引手数料 は

  • 円建てではSBI証券で支払う
  • ドル建てでは住信SBIネット銀行で支払う

ことになります。

とりさん

円建ては証券会社側に為替取引を任せる、という仕組みなので、どうしても証券会社に手数料を払う必要があります。

それぞれにかかる為替取引手数料は1ドルあたり

  • 円建て…0.25円(SBI証券)
  • ドル建て…0.04円(住信SBIネット銀行)

となり、円建ての場合は為替取引手数料がドル建ての6倍になります。

とりさん

この為替手数料は微々たる金額の差に感じますが、意外と無視できない金額です。

例えば1ドル=100円とし、毎月10万円米国ETFを買い付けるとすると、年額の為替手数料はそれぞれ下記のようになります。

円建て

10万円÷100円×0.25円(為替手数料)×12カ月=3000円

ドル建て

10万円÷100円×0.04円(為替手数料)×12カ月=480円

このように年間で考えると、2520円もドル建てが安い手数料になります。

とりさん

手数料はドル建て( 住信SBIネット銀行 )が断然お得です。

為替取引のタイミングが選べない

円建てで米国ETFを購入する場合、SBI証券で為替取引を行うことになります(証券会社側にやってもらう)。

その為替取引で適用される為替レート適用為替レート決定時間時点のものになります。

とりさん

SBI証券では米ドルの 適用為替レート決定時間10:00、14:30になっています。

為替取引のタイミングは米国ETF買い付け時点ではなく、適用為替レート決定時間になるので、為替レートを見ての為替取引ができないことになります。

円建てがおすすめなのはこんな人!

米国ETFの買い付けを円建てにするメリット・デメリットを踏まえ、円建てがおすすめな人は下記のような方です。

円建てがおすすめな人
  • 取引手数料の安さよりも為替取引の手間を省きたい人
  • 為替取引が苦手で証券会社側に任せたい人
  • 為替取引のタイミングは気にしない人

米国ETF:ドル建てのメリット・デメリット

ここからは米国ETFの買い付けをドル建てにするメリット・デメリット を紹介していきます。

ドル建てメリット

米国ETFを購入する際にドル建てにするメリット

  1. 為替取引手数料が円建てより安くなる
  2. 為替取引のタイミングが自由
  3. 為替取引に慣れる

です。

① 為替取引手数料が円建てより安くなる

こちらは円建てのデメリットで紹介した通り、住信SBIネット銀行で為替取引すれば、ドル建ての方が円建てより為替取引取引手数料が安くなります。

② 為替取引のタイミングが自由

こちらも円建てのデメリットで紹介した通り、円建てを選択すると、両替するタイミングは証券会社にお任せになってしまうので、為替レートを見てドルに両替することができません。

ドル建てでは自分で円からドルへ両替することになるので、為替レートを見て、為替取引のタイミングを選ぶことができます。

③為替取引に慣れる

円からドルへの両替を繰り返すことで、為替やドルに慣れることができます。

米国ETFを買付するということは資産をドルで持つということです。

為替慣れしないままだと、せっかく貯めたドル資産を使うときに、為替取引に手こずる…なんてありそうですよね。

とりさん

ドル建てで為替練習をしながら為替・ドルに慣れるのはおすすめです。

ドル建てデメリット

米国ETFを購入する際にドル建てにするデメリット

  1. ドルを自分で用意する必要があり、為替取引の手間がかかる

です。

ドル建てを選択すると自分で円をドルに両替してドルを用意する、という円建てにない手間がかかります。

とりさん

ドル建ては少し手間はかかりますが証券会社に払う手数料(為替取引手数料)が円建てより安くなります。

ドル建てがおすすめなのはこんな人!

米国ETFの買い付けをドル建てにするメリット・デメリットを踏まえ、ドル建てがおすすめな人は下記のような方です。

ドル建てがおすすめな人
  • 取引手数料を安くお得にしたい人
  • 為替レートを自分で自由に選びたい人
  • 為替取引に慣れたい人

実際はどっちで買い付けてる?

私は米国ETFはドル建てで買い付けています。

ドル建てで住信SBIネット銀行を使えば、圧倒的に為替取引手数料が安くなるのが、私がドル建てを選んだ一番の理由です。

とりさん

塵も積もれば山となるという言葉の通り、少しの手数料の差も長期的に見ると大きな差になるので、為替取引手数料が安いドル建てが断然おすすめです。

まとめ

今回の記事では、円建て・ドル建てどっちにするか問題の参考になるような、

米国ETFを買い付けるときの円建て・ドル建てのメリット・デメリット

について、SBI証券の取引に沿って紹介しました。

是非本記事を参考に、円建て・ドル建てどちらにするかを検討してみてください!

米国株・米国ETFについてしっかり学べる本

米国株がなぜ投資に最適なのかしっかり解説した上で、米国ETFの活用方法を説明してくれている本です。

この本を読めば米国ETF投資に対する不安が消え、自信を持ってチャレンジできるのでおすすめです◎

今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門

米国株投資で必読書籍!

米国株式投資を始める方には絶対に読んでほしい一冊!

実際に米国株式投資で資産を築き上げた大人気投資家、たぱぞうさんが書かれている書籍です。

これを読めば今すぐにでも米国株式投資を始められる!と言えるほど丁寧に詳しく書いてあります。

経済的自由をこの手に! 米国株で始める 100万円からのセミリタイア投資術

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる