大原扁理さんの隠居式スコーンレシピ|「年収90万円でハッピーライフ」

大原扁理さんの本「年収90万円でハッピーライフ」に、大原扁理さんが作って食べている隠居式スコーンのお話が出てきます。

とりさん

実際に作って食べてみたら、シンプルなのにとっても美味しくてハマりました

本では分量はそんなに正確に紹介されていなかったので(そのゆるさが好きです)、

今回は隠居式スコーンの作り方をポイントと合わせて紹介していきます~!

隠居式スコーンレシピが載っている本

目次

隠居式スコーンの作り方

始めに

スコーンはもともとはイギリスのお菓子です。

大原扁理さんいわく、日本のスコーンはさくさくしていますが、本場イギリスのスコーンはモッソモソで喉につっかえてるような感じだそうです

とりさん

でもそれがジャムやバター、紅茶によく合うとのこと。

大原扁理さんはこのレシピを「隠居式スコーンの作り方」と呼んでいます。

かなりおいしいスコーンですのでお試しあれ!

材料と調理道具

材料(スコーン約9個分)

  • 小麦粉(薄力粉):250g
  • くっつき防止用の小麦粉:少し
  • 砂糖:大さじ 2.5
  • ベーキングパウダー:12g
  • 牛乳:100ml
  • 牛乳:少し(スコーンの表面に塗る用)
  • 塩:ひとつまみ

調理道具

  • ふるい 
  • ボウル
  • オーブン
  • クッキングシート
  • 刷毛(あれば) 代替品としてスプーンでも良い

調理手順

STEP
小麦粉、砂糖、塩をふるいにかけ、ボウルに落とす。
STEP
ボウルにベーキングパウダーを入れて混ぜる。
STEP
ボウルに少しずつ牛乳を加えながらこねる。

しっとりした生地になるまでこねます。パサついてまとまらない場合は、牛乳の量を少し増やして調整してください!

STEP
オーブン皿にクッキングシートを敷き、スコーンくっつき防止用に小麦粉を薄く敷く
STEP
生地を5センチくらいずつの円盤状にまとめ、クッキングシートに並べる。

生地はあまり丸めすぎず、雑にまとめるのがポイントです。ゴツゴツ感のあるスコーンらしいスコーンができます!

STEP
スコーンの表面に牛乳を塗る。

刷毛だと良いそうなのですが、私は持っていないので、スプーンの裏で塗っています。(笑))

STEP
オーブン(強)で10分くらい焼く。

私は1000Wでやっています。

STEP
焼き色がついたら完成。

取り出して冷まします。温かいままでも美味しいですが、冷めるとゴツゴツ感が強くなりおいしいですよ!

私ははちみつをつけて食べるのがお気に入りです(^^)

バターでもジャムでも美味しくいただけますよ~!

まとめ

今日は「年収90万円でハッピーライフ」の著者、大原扁理さんの隠居式スコーンの作り方を紹介しました!

とりさん

手作りなので無駄なものは入っていなくておいしすぎてハマるので、是非みなさんも作ってみてください。

今回のレシピが載っている本

他におすすめな大原扁理さんの本

とりさん

大原扁理さんがワーキングホリデーを使って台湾で隠居できるか試したお話が書かれている本。台湾生活のリアルが書かれていて面白かったです~

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

20代のシステムエンジニアです。読書、グルメ、筋トレ、旅行、投資が好きです。30代でのFIREを目指して日々奮闘中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる