MENU

【仙台居酒屋】「小籠包マニア」の本格小籠包が楽しめる『高橋と小籠包』|まるで九分な中華居酒屋

雰囲気はまるで「千と千尋の神隠し」

東京神田の『小籠包マニア』さんの小籠包が食べられる『髙橋と小籠包』さんに行ってきました!

とりさん

小籠包だけでなく、本格的な中華料理もリーズナブルに楽しめます♩

今回はそんな『髙橋と小籠包』さんを紹介していきます!

目次

『高橋と小籠包』の基本情報

東京神田にある「小籠包マニア」の小籠包をいただける小籠包専門居酒屋。

広瀬通駅東出口2から徒歩3分、仙台駅北5出口から徒歩3分の場所にあります。

紹興酒などの中国のお酒があったり、飲み放題(2時間2,000 円)もあるので、たくさん飲まれる方にもおすすめです◎

髙橋と小籠包

住所:〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-2-5 第3志ら梅ビル1階)

営業時間:17:00〜23:30(日、祝、連休最終日は22:00)

定休日:不定休

支払い方法:クレジット、電子マネー、QRコード決済、現金

席タイプ:テーブル、カウンター、テラス席

外観は「千と千尋の神隠し」の台湾 九份そのもの!

お店の外観は、こんな感じに「千と千尋の神隠し」のイメージとして人気の台湾の観光スポット「九份」そのものでした◎

とりさん

とっても華やかな雰囲気で、小籠包の美味しさをより引き立ててくれました♩

インスタ映え間違いなしのレトロ可愛い壁画

店内にはレトロ可愛い壁画が描かれています。

この作品は、壁画を中心にアーティストとしてご活躍されている、小林由季さんが描かれたもの。

壁画の中の中国語の意味は「幸せが巡りますように」という意味だそう♩

他にもたくさんの作品を作られているので、ぜひ小林由季さんの作品もチェックしてみてください!

とりさん

インスタ映え間違いなしの壁画です!

包みたて、蒸したての絶品小籠包!

注文を受けてから皮を伸ばして餡を包み、蒸すできたての小籠包。

小籠包には宮城県産ブランド豚「JAPAN X」を使っているとのこと。

薄皮で肉汁が「ジュワ~っ」と溢れ出す、本格派の小籠包です◎

とりさん

店内では、お店の方が、皮を伸ばして餡を包む様子を見ることができます!

小籠包の種類は常時7種類

小籠包の種類は常時7種類あるとのこと。

私がお邪魔したときは次の7種類でした。

  • 松露(トリュフ)
  • 上海蟹(カニミソ)
  • 櫻花蝦(サクラエビ)
  • 扇贝(ホタテ)
  • 四川麻辣(マーラー)
  • 柚子(ユズ)
  • 源味(プレーン)

松露(トリュフ)

餡に練りこんだトリュフとスライスしたトリュフが乗った、香り高い小籠包です。

櫻花蝦(サクラエビ)

桜えびの香ばしい風味を感じた後に、肉汁がそれを包み込むことで、魚介の旨味と肉の旨味を両方感じられる小籠包です。

柚子(ユズ)

柚子の香りが口の中で広がる、爽やかな小籠包です。

とりさん

私の推し小籠包は「櫻花蝦(サクラエビ)」です!

小籠包以外の中華料理メニューも豊富!

小籠包以外のメニューも充実していました!

私がいただいたお料理は次の5つです。

  • 海老焼売
  • 茹で雲呑
  • クラゲの冷製
  • 酔払い海老
  • ルーロー飯

海老焼売

プリップリな海老が入った、旨味たっぷりな焼売。食べ応えも抜群でした◎

茹で雲吞

まろやかなゴマダレが香る、しっとり美味しい雲吞。ピリ辛な後味でパンチもあります。

クラゲの冷製

こりこり食感と程よい塩気が美味しい一品。お酒のおつまみにぴったりです◎

酔払い海老

高級寿司屋でも扱われる天使の海老を、紹興酒ベースの特製ダレに漬け込んだ一品。

タレがしっかりしみ込んでいて、お酒が進みます◎

ルーロー飯

八角が香る、本格派のルーローハン。長時間煮込んだ角切りの豚がゴロっと入っています!

〆にもぴったりです。

とりさん

本格的な中華料理をリーズナブルにいただけるので、色んな種類のお料理を楽しむことができました◎

まとめ

今回は、本格派の小籠包と中華料理をリーズナブルにいただける『髙橋と小籠包』さんをご紹介しました。

『髙橋と小籠包』東京神田の『小籠包マニア』さんの本格小籠包を仙台で味わえる居酒屋さんです。

とりさん

小籠包を口に入れた瞬間の薄皮からアツアツのスープがあふれ出す、あの感覚が忘れらません!

外観やお店の中もいい雰囲気で、台湾の九份に旅行に行ったような気分が味わえます♩

気になった方はぜひチェックしてみてください!

インスタで仙台グルメを紹介してます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次